fc2ブログ

Post

Prev   

安全指導研修会

児童育成協議会で、安全指導研修会とKYTが行われました
毎年ですが、葉栗の消防の方に来て頂き心肺蘇生法とAEDの使い方を教わります
安全研修会
周囲の状況と出血の有無を確認する
意識の確認をします(呼びかける)
助けを呼ぶ(119番通報する)
気道の確保をします(あごを上げる)
呼吸を調べます(吐く息があるか?胸部が動いているか?)
人工呼吸を開始します(気道を確保したまま息をゆっくり2回吹き込む)
循環のサインを調べます(呼吸、咳など)
心臓マッサージを開始します(肘を伸ばし体重をかけ圧迫します)
心肺蘇生法を実施(15回の心臓マッサージと2回の人工呼吸を繰り返す)
心肺蘇生法
AEDが近くにある場合使用します(簡単に言うと電気ショックです)
AEDを傷病者の横に置く(通常は左側)
AEDの電源を入れる(フタをあけ電源ボタンを押す)
電極パットを貼る(アクセサリーをはずし、ペースメーカーの有無の確認)
心電図の解析をする(機械が自動的に始める)
除細動を行う(自動的に音声が流れショックボタンを押す)
除細動不要指示がでたら(循環サインがなければ心肺蘇生法を行う)
いざとなると、なかなか出来ないものです
日頃からイメージしてくとよいかも
KYT
そのあと、KYT(危険予知トレーニング)を行いました
日頃の生活にどんな危険が隠れているか、トレーニングします
本日もためになったねー


Comment

Post Comment

  (設定しておくと編集できます)
非公開コメント

Trackback